脱毛にもいろいろあります

脱毛・除毛というと男性にとってはヒゲを指すことが一般的です。ヒゲ脱毛エステなんていうのもあるくらいです。男性にとってのヒゲ剃りは日常生活の中に溶け込んでいるといってもいいでしょう。
ただし、中にはヒゲを生やす人もいます。ヒゲはその時々によって様々なファッションと結びつきます。現在では一般のサラリーマンでもヒゲをうっすらと生やしている人もいます。これは無精ヒゲではなくきちんと手入れをしているものです。
ヒゲはある時期、サラリーマンにとっての禁忌事項とされてきました。特に営業マンでは相手先に対して不快な気持ちにさせるということだったのです。時代によってはそういう風潮もあったのですが、明治の時代はヒゲを生やした政治家をたくさん見ることができます。(現在では一般人は生やしていても、ヒゲを生やした政治家を見ることができなくなった気がしますね)

現代では、ヒゲはファッションの一部になっているといってもいいでしょう。個性が重視される時代なので、きちんと整えたヒゲであれば、一部を除けば、社会的にも認められています。

ちなみに、いっぽうの女性にとっての脱毛はもちろん全身が関わってきますが、中でも特にワキ毛ということになります。これは女性にとっては思春期の頃のワキ毛が生え始めた時から脱毛の戦いが始まっているといってもいいでしょう。

男性にとってのヒゲ、女性にとってのワキ毛といろいろありますが、ワキ毛は次回に回すとして、ここでは顔脱毛について深く掘り下げていきます。
顔にはよく見ると無数の毛が生えています。ほとんどは産毛といってもいいような体毛ですが、人によっては処理しなくてはいけないくらい目立つものもあるのです。